2009年11月27日金曜日

緩やかなデフレの国の独り勝ち

「緩やかなデフレ」宣言が菅直人大臣から飛び出したものの、具体的な政策について触れられなかったことに対して、早くも民主党政権の迷走が始まったとの論調が強まっっていた矢先のドバイ・ショックでした。

米国FRB議事録でドル金利の長期低迷が明らかとなり、ドルの独歩安かと思われた今週末の為替相場は、実はオセアニア通貨やその他新興国通貨がドル以上に対円では弱くなり、結局は円の独歩高という解釈が正しかったようです。

砂上の楼閣ならぬ海上の不動産開発に酔い痴れていたドバイは、良く知られているように石油資源を持っておりません。持っていたのは、夢物語で桁違いの資金を集めまくる能力だけだったとすれば、やっていたことは我が国のバブル紳士やITもどき寵児と酷似しています。

「そろそろドルキャリー取引や円キャリー取引のミニバブルが弾けても可笑しくないな」とか「世界中の多くの大手銀行の不良債権の誤魔化しがそろそろ限界に来ているのではないか」とか胡散臭さを感じていた投資家の皆さんも少なくはなかったでしょう。その引き金がドバイであったことには驚きましたが、ドバイで起こっていることは実に日本人には理解しやすいことです。

しかし、為替ブログとして問題なのは、クロス円通貨の押し目買いをどこで入れれば良いかということ。キャリーをエンジョイした通貨は来月も激しいボラティリティに晒されるでしょう。であれば押し目買いは相当先まで待ったほうが良いのか。ドバイ問題で難しいのは、この不良債権がどこの通貨エリアに撒き散らされているかという点。これは邦銀とて無縁であるとは言い切れないと考えられます。現時点ではまだ情報が十分ではありません。

当面は心配していない、というか心配したくないのが、ドバイ型バブルを意図的に作っているもうひとつの経済圏、中国沿岸部の状況です。こちらが崩落すると、ドバイショックどころではなくなるでしょう。

ドルキャリーや円キャリーでポンドやユーロに投資をするよりは、日本の長期国債や(モノに寄りますが)不動産に投資をしたほうがシャープレシオは低い、という真実が急速に再評価されそうです。

ちなみに、長期国債は、フェニックス証券のCFDでもアクセス出来ます。
http://phxs.jp/
CoRichブログランキング

2009年11月23日月曜日

女のみち♪~「完結編」

某FX関連ポータルサイトで特集されておりました七転び八起きの「生い立ち」が本日4回目の掲載をもちまして完結致しました。
第4回:資産運用のためのFXを目指して
バックナンバーとあわせて、御笑読(ごしょうどく)ください。

それと、、、

11/20(金)に更新致しました田中良茂ピアノリサイタル♪の記事に関しまして、重要な追加事項がございます。

来たる2010年1月18日(月)に大活躍される田中良茂さんは、その先、4月24日(土)文京シビックホールで開催予定のチェルノブイリ子ども基金主催のチャリティコンサートで、こんどはピアノ伴奏としてボランティア出演をしてくださる予定です。昨年12月フェニックス証券主催チャリティ・オペラ・コンサートで大活躍してくださった我が国を代表する新進気鋭のヴァイオリニスト印田千裕さん にも妙技をご披露していただくほか、オペラティックなレパートリーにも絡んでいただく予定です。七転び八起きも少々お手伝いさせていただく予定であります。読者の皆さん、是非両日とも空けておいてください。

詳細未定につき、追ってお知らせして参りたいと存じます。日本で良く知られた歌の数々を、オペラ分野からはヴェルディ作曲「椿姫」をハイライトでお届け出来ればと考えております。
CoRichブログランキング

2009年11月20日金曜日

田中良茂ピアノリサイタル♪♪


「ベートーヴェンの時代のピアノ協奏曲は演奏会の華であった。」

が、その一方で、

「19世紀、ピアノ協奏曲は室内楽編曲版でしたしまれていた。」

と。

これは、新進気鋭のピアニスト、田中良茂さんが中心となり、世界初演を含むベートーヴェンの室内楽版ピアノ協奏曲が連続公演される企画を推薦・協力されている西原稔桐朋学園大学教授の言葉です。

努力と才能の結晶としての音楽をより身近に♪♪そのようなコンセプトの企画をフェニックス証券は微力ながら応援します。

2010年1月18日(月)東京オペラシティ・リサイタルホール(京王新線初台駅東口)
開場18:30
プレトーク19:00
開演19:15
ベートーヴェン作曲(小林寛明編曲)ピアノ協奏曲第2番 変ロ長調 作品19
(ピアノ&コントラバスを含む弦楽五重奏)

ベートーヴェン作曲(ヘッシンガー&ベートーヴェン編曲)ピアノ協奏曲第4番 ト長調 作品58
(ピアノ&ヴィオラ2本を含む弦楽五重奏)

チケット/一般:4500円、学生2500円

フェニックス証券では、12月までに外国為替証拠金(FX)取引口座フォレックス・ラインまたはアクティブ・ゼロ若しくは差金契約(CFD)取引アクティブ・ゼロ・ネオで100万通貨以上のお取引をいただいたお客様の中から抽選で10名様を、この素晴らしいコンサートにご招待いたします。
CoRichブログランキング

うれしすぎるお知らせ


今月もちょうど三分の二が過ぎようとしています。相場の変動(ボラティリティ)が飯のタネであることは米ゴールドマンサックスのような超大手からフェニックス証券のようなブティックまで共通の筈。(日本国債を除いては)収益源に乏しかったこれまでの11月ですが、フェニックス証券としては嬉しい知らせがあります。


毎月順調に新規口座のご契約をいただいております。こういう「統計」を取っております。


「その月に口座開設のお申し込みをしてくださった新規のお客さまが、同じ月内に何万通貨のお取引をやっていただいているか?」


今月はまだ7営業日(勤労感謝の日も、従業員に勤労感謝しつつ、FXは勿論営業です!)を残しているにもかかわらず、この「新規口座に限定した取引高」がフェニックス証券始まって以来、最高金額になっているのです。


取引スペックの向上、画面通りの為替レートで取引出来る「すべらないFX」、1000ドル単位から人気通貨で売買が出来る小口化対応(せんどる君)などをご評価いただいているのでしょうか。たいへん嬉しいお知らせです。

CoRichブログランキング

2009年11月16日月曜日

女のみち♪

実は、たいへん恥ずかしい内容だと思い、ずっと広報を控えていたのですが、日頃大変お世話になっている監督官庁の方々も楽しみに待っておられるとお聞きしたものですから、FX関連のポータルサイトでインタビューされた記事をブログに転載することにしました。
(第一回)
http://forexpress.com/columns/blog.php?ID=367&uID=tp
(第二回)
http://forexpress.com/columns/blog.php?ID=368&uID=tp
(第三回)
http://forexpress.com/columns/blog.php?ID=369&uID=tp
第四回(最終回)は来週アップされる予定です。
ところで、この記事の中に登場する、ぴんからトリオ(ぴんから兄弟)の「女のみち」とはこのような演歌です。
http://www.3gpdb.com/videoy.php?b=4Czf3fXCHCQ
http://www.youtube.com/watch?v=s398er36X5E
CoRichブログランキング

2009年11月10日火曜日

レヴィ=ストロースの残したものは・・・


巨星墜つ
今年も残すところ2ヶ月を切りました。思えば今年の1月は、七転び八起きの処女作『為替力』で資産を守れ!の出版準備で夜通し仕事をしていましたが、その締めくくりとなる校了の日に、頗る雑駁に、そして下品に、構造主義について敷衍しました。

DINKsとボイン

言語学の世界で構造主義を確立したのがソシュールだったとすると、文化人類学の世界でそれをなしとげたのが、先月末100歳の天寿を全うしたレヴィ=ストロースです。 人類学の巨星墜ち、またその天才と努力の集大成とも言える難解な著作野生の思考の日本語訳で骨を折られた大橋保夫先生も、その早すぎる他界から10年強経過してしまったことに直面し、時間があるときにしっかり勉強しなかった自分を恥じつつ、仕事に東奔西走していたここ1~2週間でした。

死語となった「近代経済学」と「混合経済」
社会主義というよりは社会正義という観点から、マルクスとエンゲルスを読み漁っていた高校時代、今となっては殆ど勝負あったかに思われる「価値」の本質とは何か?について、労働価値説と効用価値説の対立があると何となく知らされていたものの、対立軸が何処にあり、どちらがどう正しいのかなかなか見えないまま、当時の「政治経済」という受験科目と格闘していたものでした。

時に、混合経済という言葉を死語に化したのは、米ソ冷戦の終結だったかも知れません。加えて、中国の社会主義市場経済への傾斜という助太刀もあったでしょう。そして、米国の市場経済への国家介入を招いた世界金融危機が止(とど)め刺したとも言えます。純粋な資本主義経済も鉄壁の社会主義経済も地球上から殆ど絶滅した(DINKsとボインで言えば、「DINKs型」の死語であって、「ボイン型」の死語ではない)のと同じように消えてしまったのが近代経済学という用語かも知れません。新古典派(総合)とかケインジアンなどを包括する概念を、経済学にわざわざ「近代」という“枕詞”をくっつける必要がなくなったのは、マルクス主義のアカデミズムからの衰退と鉄壁な社会主義への幻滅のせいでしょうか。

構造主義やポストモダンは過去の遺物なのか?
しかし、世の言論が、というよりは七転び八起きブログそのものの反省でもありますが、市場原理か?はたまた統制または規制強化か?という二項対立で盛り上がってしまい、自分も含めて目線が経済・金融へと視野狭窄に陥ったことに忸怩たる思いがあります。

前掲の大橋先生が難解な著作との格闘を後日語っておられるように、野生の思考のエッセンスをうまくここで伝えることは出来ません。

その点、このニュースサイトは大変優れています。http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20091109/209264/

資本主義列強が、奴隷の調達や植民地支配、そして今日も続く核燃料など天然資源を搾取するために、原住民の人格や人権を蹂躙してきたのは、何も西欧人だけが悪者で、キリスト教徒だけが邪悪な思想だからとは言えないでしょう。自分たちが悪行に手を染めなければ競争相手に出し抜かれるだけという妄想は、立場次第で誰にでも、どの民族や国家にも起きうるでしょう。しかし、悪行を正当化するために、未開人は思考回路が野蛮(≒野生)であり、犬猫と同じなのだから、優れた文明思考の自分たちに使われて当然という価値観の押しつけまでは許されない。これこそが、レヴィ=ストロースの真骨頂のひとつだと思われます。同じく人道主義の立場から晩年マルクス主義に急接近したサルトルですら抜けきれなかった西洋風(?)合理主義の呪縛を引っぱたいたことも、野生の思考を歴史的な大書たらしめている大きな要素のようです。

ブームが去った今こそ・・・
ヨーロッパのアカデミズムは、人道主義の立場からユーロ=コミュニズムを支援する一方で、現実化し始めてしまった社会主義における非人道、すなわちソ連でのスターリン粛清や中国での文化大革命を消化しあぐねていました。鉄壁の社会主義とは異なる本質をマルクスのなかに見出そうと努力したのが、レヴィ=ストロースの構造主義に触発された第二世代のフランス現代思想家たち。その代表格のひとりが、ルイ=アルチュセールです。マルクスの経済学・哲学草稿に見られる人道主義と、資本論の完結に向けて確立されていった剰余価値学説(≦前掲の労働価値説)を分断すべきという彼の発想には激しい批判が繰り返されましたが、前途洋洋たる日本の数学者の卵を経済学の世界に引き摺り込む程の魅力に満ち溢れた思想家であったことは否定できません。その数学者、もとい、経済学者こそ、リーマンショック直後に七転び八起きブログで取り上げた塩沢由典先生です。

格差は作られた

神の見えざる手

実は、塩沢先生は七転び八起きの数学の恩師です。そして、野生の思考の翻訳者である大橋保夫先生はフランス語の恩師(担任の先生)です。
http://forexpress.com/columns/blog.php?ID=368&uID=tp
時将に、若き哲学者だった浅田彰さんが、実際には殆ど中身は読まれていないのではないかと言われた異例のベストセラー構造と力でニュー=アカデミズムの旗手ともて囃されたころでした。ここでまとめられている、判り易いのか判りにくいのか判らない思想史を振り返ると、フランス現代思想が何故にブームになり、ブームで終わったのか少々判るような気もします。レヴィ=ストロースの死去が本国フランスは兎も角、ここ日本においては非常に静かに迎えられているニュースとして終わっていることと平仄をなしています。

しかしながら、前掲の「市場原理主義か規制介入か?」「小さな政府か大きな政府か?」という議論が、こうしてくだくだ言葉を並べている七転び八起き自身がそうであるように、金融経済の範疇への視野狭窄に陥りがちな中、そして何よりも熱狂が去った今こそ、経済学だけでなく、言語学や人類学との激しい相互作用を醸しだしてきた構造主義とポスト構造主義を振り返ってみたい。それが、不勉強の自分自身への反省と、恩師の皆さんへの恩返しだと思う、ここ数週間です。
CoRichブログランキング

2009年11月6日金曜日

我が国のMVP

松井秀喜選手のワールドシリーズMVPと並んで、日本人を元気にさせるかも知れない記事が英エコノミスト誌にあります。

「見えづらいが不可欠-かけがえのない部品を世界中に供給しつづけてきた日本の中堅中小メーカー」
http://www.economist.com/displayStory.cfm?story_id=14793432
日本の強みは「もの作り」だなどと永年言われてきましたが、ブランド力で世界に勝負してきた東証一部上場の巨大企業の多くが、その組み立て加工技術の陳腐化に悩み続ける中、一般人には殆ど知られていない部品の性能の高さ、そして多くの場合驚くべきシェアを誇りつつも社名すら知られていないケースが多々見られる中堅中小の「サプライヤー」にこそ、日本の強さがあったという記事。しばしば日本を取り上げてきた同誌ですが、日本関連の記事のなかでこれまでで最も優れているという論評もあります。緻密なフィールドワークに快哉。

さて、モラトリアムやら商工ファンドの相次ぐ倒産で、中小企業金融はこれからどうなるのでしょうか?
CoRichブログランキング

2009年11月4日水曜日

アイザック=ニュートンともあろう人が・・・

今朝の日本経済新聞の経済教室(高安美佐子東京工業大学准教授「自然科学で行動を解明」)に出てくるニュートンの逸話「晩年、空前の投資ブームであった英国で、南海(泡沫)会社の株を所有し、1720年のバブル崩壊で大損を被った。ニュートン曰く『天体の動きは計算できるが、人間の狂気ばかりは計り知れなかった』・・・」

りんごが木から落ちるのを見て万有引力の法則を発見したという逸話が出来てしまったニュートンですが、「金の生(な)る木は無い」ことには気がつかなかったようです。それが証拠に(?)同じく晩年にニュートンは造幣局長という公職にありながら、こっそり錬金術に没頭していたらしいのです。どんな物質でも限りなく微分してしまえば共通の微粒子に辿り着く筈という信念に燃えていたのでしょうか?価値のないものから価値のあるものをひねり出すのは、永久機関(ガソリンも電気も無いのに走る自動車)と同じように存在しない筈です。

当時の南海泡沫会社は、今時に譬えれば、IT企業のふりをした新興市場の仕手株のようなものでしょう。現在のように、FXなどのマージン(証拠金)取引が出来なかった時代でしょうから、不動産やチューリップの球根に比べれば流動性がまさり、投資の費用対効果が高い(FXに譬えれば、人気通貨ペアであるがゆえに、スプレッドが狭めである。FX自身が人気なので、日本株や投資信託よりも参加費用÷投資金額が低廉である)と考えたとすれば、さすがのニュートン、一理あると言えます。

ところで、投機も含めた利殖目的だけで金融商品を選ぶときに、このような広義の場口銭(参加費用÷投資金額)、すなわち実質的なスプレッドだけで判断するべきなのでしょうか?答えはYESのような気もしますが、、、、本日の日経の経済教室もちょっとだけヒントになるかも知れません。
CoRichブログランキング

2009年11月2日月曜日

「かわせ手当」で景気刺激キャンペーン【PR】


低迷する日本経済とサラリーマンのお小遣いを回復させるべく、フェニックス証券は“景気刺激策”を実施します。対象になった新規口座開設のお客様には、もれなく「かわせ手当」を“給付”します。


FXで日本経済を応援していきましょう!頑張れニッポン!


景気刺激期間:平成21年11月2日(月)~平成22年1月29日(金)給付対象の方:平成21年11月1日(日)~平成21年12月31日(木)の間に「Forex Line」にお申込頂き口座を開設されたお客様。


「かわせ手当」給付の条件:上記対象者の方が各口座申込月の翌月末までに下記条件を満たすと、もれなく最大で30,000円の「かわせ手当」を給付します。さらに、、、

CoRichブログランキング